Elevage-dogo-canario

探偵による浮気調査のメリット・デメリット

探偵による浮気調査のメリットは、
確実に証拠を掴んでくれるところです。

 

個人の力だけで調べるのには限界があり、
決定的な証拠を掴むのは難しいものです。

 

その点、探偵に頼めば、
パートナーが浮気をしているかどうかがはっきりします。

 

探偵は浮気調査のプロなので、証拠をしっかり調べてくれます。
証拠をつかむことができれば、慰謝料を多く取れる可能性があります。

 

写真等のちゃんとした証拠を残してくれるので、
調停や裁判の際に有利になります。

 

離婚を望んでいる場合、
慰謝料の金額交渉を有利に進められるメリットがあり、
浮気調査で浮気相手の住所や氏名がわかれば、
浮気相手からも慰謝料を請求することが可能です。

 

何より、不安な気持ちが解消し、
精神的に安定できるメリットがあります。

 

ひとり苦しむ生活から解放され、
本来の自分を取り戻すことができます。

 

探偵による浮気調査のデメリットは、大きな費用がかかるところです。
探偵費用、弁護士費用などの経済的な問題は大きいです。

 

浮気調査をすると、確たる証拠を突きつけられるので、
精神的ショックが大きいデメリットもあります。

 

離婚の方法はたくさん!

 

離婚の方法はたくさんあります。一番簡単にできるのが協議離婚です。
離婚に関して互いに同意していればOKです。

 

夫婦間で離婚の話合いがまとまれば、
後は、離婚届を役所に提出するだけです。

 

時間や費用がかからない簡単な離婚の方法で、
多くの人は、この方法で離婚します。

 

これ以外では、調停離婚、裁判離婚などがあります。

 

調停離婚というのは、相手方に、
協議離婚に応じてもらえない場合に行うもので、
家庭裁判所に離婚調停の申立てをします。

 

ただし、裁判のような強制力はないので、離婚が適切だと判断されても、
最終的に夫婦の合意がないと離婚は成立しません。

 

調停離婚で相手方が離婚に応じない場合、離婚裁判へと移行します。

 

協議離婚の話し合いがまとまらず、調停、審判でも離婚できない場合、
地方裁判所に離婚の訴えを起こします。

 

離婚裁判で離婚するには、
裁判に勝って、離婚を認める判決を得る必要があります。

 

判決が下れば、たとえ相手が嫌がっていたとしても、
強制的に離婚させられます。

 

そのぐらい強い権限があります。
ただ、実際に、離婚裁判で離婚する人は、全体の1%にすぎません。